車の売却成立後に勧誘は発生するか

車の売却成立後に勧誘は発生するか

人々がどこかの業者から物を購入した時などは、後日連絡が来る場合があります。

 

例えばAという業者から、Bという商品を購入したとしましょう。購入してから3ヶ月程度経過した頃に、A社から連絡が来て「先日はBを購入して頂き、ありがとうございました。本日の用件ですが」などと切り出すパターンが多いようですね。そして何のために連絡をしているかというと、勧誘です。リピート購入を目的に、A社としては営業活動を行っている訳ですね。意外とよく聞く話です。

 

ところで車の買取業者でも、上記のようなパターンはあるのでしょうか。

 

可能性はゼロではありません。というのもトラック買取の業者などは、よくホームページで「しつこい勧誘はしません」などとアピールしていますね。トラック買取では、テレアポ営業などで勧誘が行われているケースが多々あるようなのです。そのような業者があまりにも多いので、ホームページでアピールをしている訳ですね。ですのでトラック買取の業界などでは、上記のA社のような営業活動が行われる可能性もゼロではありません。

 

何もトラック買取に限らず、一般車の買取などでも上記のような営業活動が行われる可能性はあります。最近では電話での勧誘は敬遠されるので、メールで勧誘をしている業者も多いようですね。

 

ただ私は、たとえ勧誘が来ても問題は無いと思います。もしも勧誘の際に不快感を覚えたのでしたら、それは買取業者に対して正直に伝えてしまって構わないと思います。「このような電話は控えて下さい」と伝えれば、たいてい引き下がってくれます。

 

特にJADRIという団体に加入している買取業者ならば、ほぼ間違いなく引き下がってくれるでしょう。あの団体に加入している業者は、執拗な勧誘を行う事はできないからです。